神の御名(中):最も慈悲深き御方

Site Team
~に翻訳された : English Français Deutsch 中文

慈悲あまねく慈愛深き神(アッラー)の御名において。

この記事は、ムスリムが物事を開始するにあたり唱える言葉と共に始まります。飲食や衣服の着用、入浴などの最も日常的な行為であれ、開始の前にムスリムはそれを崇拝行為とすべく、神の御名に言及します。かれ(神)は最も寛大かつ最も慈悲あまねき御方であり、かれの慈悲はあらゆるものに及び、存在し得るすべての慈悲・慈愛の源泉なのです。神はクルアーンの中でこのように述べます。

“・・・われの慈悲は、凡てのものにあまねくおよぶ。”

(クルアーン7:156)

預言者ムハンマドの言行録から、私たちは神が創造の際にこのように述べたことを知ります。・・・われの慈悲はわれの怒りに勝る。”(サヒーフ・ブハーリー、ムスリム)具体的に、慈悲とはどういったものなのでしょう? 辞書には「いつくしみ、あわれむ心、情け深いことつはこの単語を語根として派生したものです。それらは、「アッ=ラフマーン」――慈悲あまねき御方、そして「アッ=ラヒーム」――最も慈愛深き御方です。神の慈悲とは優しさ、敬愛、思いやり、慈愛、赦しを包括する霊妙な性質です。それらの性質が現世において観測できるのは、神による被造物への慈悲の反映に過ぎないのです。

預言者ムハンマドは、神による被造物への慈悲は、母親による子供への慈悲に勝るものであると私たちに告げており(サヒーフ・ブハーリー、ムスリム)、事実アラビア語で子宮を意味する「ラヒム」は、慈悲を意味する「ラフマ」と同じ語根から派生した単語なのです。神の慈悲と子宮に独自のつながりがあるということは、とても重要な意味を持ちます。子宮が胎児を養育し保護するように、神は私たちを養育し保護するからです。

預言者ムハンマドは慈悲の性質について、神は100部の慈悲を持ち、そのうちの1部だけを被造物の間で分け合われるよう下したことを教友たちに説明しています。これにより人々はお互いを思いやり、親切にし、動物たちも子供たちを慈しむものの、神は残りの99部を審判の日、信仰者たちへと授けられるのです。(サヒーフ・ムスリム)

被造物のすべては、この1部だけの慈悲を元にした愛情や思いやりをお互いに示し合っています。人は貧しい人や困窮者にすすんで喜捨し、家族はお互いを愛して支え合い、動物は赤ん坊を守ります。一般的に慈悲と思いやりは、苦難を和らげ、親切さや幸せを広める役目を果たします。この世界は時には暗く憂鬱な場所に映るかもしれませんが、熟考し反省する者は、神の慈悲を見出し、感じとることができます。雨は降り、太陽は輝き、子供は父親の手を握りしめ、子猫は温かい母猫にくっついて体を丸めます。神の慈悲は強く、私たちの周りから見て取ることができますが、かれは審判の日に善行を積み、神のご満悦を得ようと努力した信仰者だけのために残りの99部を加え、かれの慈悲を完全なものとします。こうした概念は畏敬の念を抱かせます。神の慈悲には制限がないのです。

人類への無限の慈悲のしるしとして、神は導きのため、そして永遠の楽園へと続く正道に留まらせるために預言者・使徒を遣わしました。神は、預言者ムハンマドを遣わしたのは、人類への慈悲に他ならないと述べています。

 “(ムハンマドよ、)われは只万有への慈悲として、あなたを遣わしただけである。”

(クルアーン21:107)

預言者ムハンマドはその慈悲を体現した人物でした。彼は家族、孤児、友人または見知らぬ人であれ、周りの人々に対する思いやりに満ちていました。

 “あなたがかれらを優しくしたのは、アッラーの御恵みであった。あなたがもしも薄情で心が荒々しかったならば、かれらはあなたの周囲から離れ去ったであろう。だからかれら(の過失)を許し、かれらのために(アッラーの)御赦しを請いなさい。そして諸事にわたり、かれらと相談しなさい。”

(クルアーン3:159)

預言者ムハンマドは、信仰者たちのための慈悲を常々祈願していました。またムスリムはお互いに「アッサラーム・アライクム・ワラフマトゥッラー(神による平安と慈悲があなたにありますように)」という挨拶を交わします。慈悲にまつわるすべてのことはイスラームにおいて非常に重要な概念です。なぜならそこから親切さ、敬意、寛容さ、情け深さなどの、ムスリムが人生の中で養うべき性質のすべてが分岐するからです。

私たちは脆く儚い人間として、しばしば無慈悲に思える世界で孤独感や喪失感に悩まされますが、そうした瞬間においてこそ、神へと立ち返り、かれの慈悲と赦しを求めるべきなのです。私たちが真の服従をもってかれと向かい合えば、かれによって平穏がもたらされ、周りの世界に満ち溢れるかれの慈悲を感じとることができるようになるのです。

暗闇の中であなたに手を差し伸べてくれるのは、神の慈悲が反映されたものであり、それは見知らぬ人からの親切な言葉や、干からびた大地に降り注ぐ雨、また笑顔を見せる子供たちの目の輝きも同様です。神の慈悲は、あらゆる善、親切、信仰深さの源泉です。神は私たちがかれの偉大さの一部を理解することのできるよう、かれの美しき御名を啓示しました。そこにはかれの慈悲を示すものが複数あり、私たちはそれらの名前をもってかれに呼びかけることが勧められています。

アッ=ラフマーン(最も慈悲あまねき御方)、アッ=ラヒーム(最も慈愛深き御方)、アル=バッル(善の源泉)、アル=カリーム(最も寛大な御方)、アル=ジャウワード(最も親切な御方)、アッ=ラウーフ(最も情け深い御方)、アル=ワッハーブ(授与する御方)などがそうです。

 “最も美しい凡ての御名はアッラーに属する。それでこれら(の御名)で、かれを呼びなさい。”

(クルアーン7:180)

神による数え切れない祝福に対して私たちが感謝したいとき、または何か必要なものがあるときは、それらの御名でかれに呼びかけることができます。特に安心感や安全が必要な時は、私たちは神の慈悲を強く欲します。現世の儚さが私たちに無力感を与えるとき、最も力強い御方は常に、そして永遠にかれの慈悲を私たちに降り注ぎますが、かれが私たちから求めていることは、かれを信じ、かれのみを崇拝することだけなのです。


Related Articles with 神の御名(中):最も慈悲深き御方